スピード離婚・早く離婚するには

スピード離婚するには?最短で費用をあまりかける事なく離婚をする方法とは?

 

 

あなたが、離婚にかかる費用を最小限におさえ、短い期間で離婚をしたい!
いわゆるスピード離婚ともいえますが

 

そう考えているのであれば、
下記の5つを覚えておく必要があります。

 

 

 

相手から離婚を告げさせる

 

相手から離婚を告げさせる為にあなたがすること。
かなり簡単です!

 

相手から嫌われるような言動をとればいいのです。
ただし、離婚したいと相手に伝えていない場合のみ
有効な方法です。

 

 

 

自分でできる事は、できるだけ自分でする。

 

自分でできる事とは、離婚をする際に
必要になってくる各種書類の作成の事です。

 

 

自分で行う事で費用を最小限に抑える事
ができます。

 

 

 

“扶養の義務”を利用する。

 

独立して生活していけない人に対して、
経済的に支援してあげなければならない 義務のことをいいます。

 

毎月、決まった生活費を相手の給料から
差し押さえる事が出来るので無駄な費用をかける事なく、離婚を進める事ができます。

 

あなたが有利に離婚をするには、
利用する他ないと言えます。

 

 

 

無料の法律相談を利用する。

 

無料での相談になるので、
時間が限られてくると思います。

 

事前に相談内容をまとめておいて話す事がベストですね。

 

適切なアドバイスを受け取れるには
限界があるかもしれませんが、
無料なりのアドバイスを得られる事でしょう。

 

 

 

相手の“証拠”を掴んでおく(不貞行為などの証拠)

 

証拠さえ掴んでしまえば、楽に事を進めることが
できるのではないでしょうか?

 

 

 

裁判でも負ける事もなく、短期間で決着がつきます。

 

 

あなたが、上の5つの内、
1つでもその方法を活用する事で有利に離婚する為の
最大の武器になります。

 

あなたが思うような離婚に進める為にも、今日お話した5つを是非役立てて下さい。

 

 

 

離婚する方法の準備

人生はそんなに長くはありません。なので、どうなっても、後悔は少ない方がいいのです。
後悔には2つあります。

それは行動した後悔としなかった後悔です。どちらがその度合いが大きいかは、その人の信条とするところです。
だた、行動してその結果、後悔したとしても、あきらめがつくものです。

行動したからこそ、学びや教訓を得ることができます。それを今後に活かすことも、他の人に助言できたりします。

行動しなかった場合、必ず、「あの時こうすればよかった、。」と大きな後悔に襲われたりします。道は遠のいて、いくばかりか?と錯覚さえ覚えます。さすれば、あなたが今やるべきことは、どいういことですか?

未来へ向けて、ぶれない自分の幸せのイメージを固めることではないですか?いろんな場合を想定して、情報を集めている段階なのでしょうね。

決して焦ることはありませんが、知識を得ることで、その後の展開が違ってくることがあります。

もうあなたは、十分に悩みました。不安に支配される日々にピリオドを打ちませんか?


離婚準備を万全にする!専門マニュアル
@⇒離婚する方法
※サポートはありませんが、自分で離婚するための手順がすべて手に入ります。

A⇒離婚調停なんかせずに、相手が離婚してくれる方法
※著者の桑島 隆二さんは、司法書士として活躍した経験を元に現在はプロの心理カウンセラーでもあります。その方の、1年間のメールサポートはとても心強く、他にはあり得ません。これだけでも費用対効果は抜群です。あなたにとって「とっておき」が示されると思いますよ。

B⇒円満離婚マニュアル
※結婚生活の理想像に、夫婦円満というコトバがあるように、理想的な離婚を象徴する、円満離婚があって然るべきだと思っています。

C⇒今まで達成者達が語らなかった!別居・離婚問題解決マニュアル
※それぞれの事情を抱えた多種多様、様々な相談者様との豊富な経験を基に、各場面での立ち回り方はコンサルタント、渦中でのメンタルな部分はカウンセラー、ルールに関することは行政書士など、相談者様に満足して頂ける結果を勝ち取ってきた実績の集大成となります。

【注目】⇒離婚大全集〜圧倒的有利に離婚する方法(時々つながらない時があるようです。)
※岡野あつこが24年間にわたり、3万件の離婚事例を分析して得た情報、理想の離婚方法を、パターン別にまとめて全て公開します。この離婚ノウハウの核となる部分は、過去に公開された離婚ノウハウには書かれていなかった情報ばかりです。今まで離婚本や、インターネットで情報を探していた人は「私はなんて無駄な情報を集めていたのか」と、愕然とすることでしょう。

初めて情報教材を購入するあなたへ!
インフォトップの7つの安心
スマートフォン・タブレット端末でPDFファイルを閲覧する方法はこちらからも確認できます

スポンサードリンク