上手な離婚の仕方

上手な離婚の仕方 お互いが納得のいく離婚ができるようにする為には?

さあ、ではお互いが納得のできる離婚、協議離婚に向けてのポイントですが

 

離婚に関する合意書(公正証書)

 

離婚届け不受理申し立てと手続き方法を知っておく。

 

 

 

一度はお互いが合意していたはず。
それなのに、後になって争う事もあります。

 

合意内容を文書(公正証書)にして残しておくことでトラブルを避ける事ができ、
お互いが納得のいく方向で離婚が進みます。

 

 

 

慰謝料や、教育費の問題がまだ解決していない

 

だけど相手が勝手に離婚届けを役所に提出する可能性がある・・・

 

 

 

そんな場合は「不受理申出」を役所に提出しておきましょう。

 

 

この届出を提出しておくことで、相手が勝手に離婚届けを
提出しようとしても受理されません!

 

 

これであなたが納得するまで、
条件の取り決めを慎重に行うことができるでしょう。

 

 

今回私がお伝えした、重要な2つの事を、ぜひ覚えておいて下さいね。

 

きっとあなたのお役に立つことでしょう。

 

 

 

 

さて、話は変わりますがあなたにはお子さんはいますか?

 

いるのであれば離婚後
お子さんのことはどのようにお考えですか?

 

 

 

 

あなたがが、自分の手でお子さんを育てたい!
そう思っているのならきっと、

 

「子供の親権は絶対に私がとる!」と思っていることでしょうね。

 

 

子供の親権をあなたがとる為には、どのような事をしたらいいのか?

 

 

 

次回は、「親権を確実にとる事ができる方法」をお伝えしますね。

 

 

離婚する方法の準備

人生はそんなに長くはありません。なので、どうなっても、後悔は少ない方がいいのです。
後悔には2つあります。

それは行動した後悔としなかった後悔です。どちらがその度合いが大きいかは、その人の信条とするところです。
だた、行動してその結果、後悔したとしても、あきらめがつくものです。

行動したからこそ、学びや教訓を得ることができます。それを今後に活かすことも、他の人に助言できたりします。

行動しなかった場合、必ず、「あの時こうすればよかった、。」と大きな後悔に襲われたりします。道は遠のいて、いくばかりか?と錯覚さえ覚えます。さすれば、あなたが今やるべきことは、どいういことですか?

未来へ向けて、ぶれない自分の幸せのイメージを固めることではないですか?いろんな場合を想定して、情報を集めている段階なのでしょうね。

決して焦ることはありませんが、知識を得ることで、その後の展開が違ってくることがあります。

もうあなたは、十分に悩みました。不安に支配される日々にピリオドを打ちませんか?


離婚準備を万全にする!専門マニュアル
@⇒離婚する方法
※サポートはありませんが、自分で離婚するための手順がすべて手に入ります。

A⇒離婚調停なんかせずに、相手が離婚してくれる方法
※著者の桑島 隆二さんは、司法書士として活躍した経験を元に現在はプロの心理カウンセラーでもあります。その方の、1年間のメールサポートはとても心強く、他にはあり得ません。これだけでも費用対効果は抜群です。あなたにとって「とっておき」が示されると思いますよ。

B⇒円満離婚マニュアル
※結婚生活の理想像に、夫婦円満というコトバがあるように、理想的な離婚を象徴する、円満離婚があって然るべきだと思っています。

C⇒今まで達成者達が語らなかった!別居・離婚問題解決マニュアル
※それぞれの事情を抱えた多種多様、様々な相談者様との豊富な経験を基に、各場面での立ち回り方はコンサルタント、渦中でのメンタルな部分はカウンセラー、ルールに関することは行政書士など、相談者様に満足して頂ける結果を勝ち取ってきた実績の集大成となります。

【注目】⇒離婚大全集〜圧倒的有利に離婚する方法(時々つながらない時があるようです。)
※岡野あつこが24年間にわたり、3万件の離婚事例を分析して得た情報、理想の離婚方法を、パターン別にまとめて全て公開します。この離婚ノウハウの核となる部分は、過去に公開された離婚ノウハウには書かれていなかった情報ばかりです。今まで離婚本や、インターネットで情報を探していた人は「私はなんて無駄な情報を集めていたのか」と、愕然とすることでしょう。

初めて情報教材を購入するあなたへ!
インフォトップの7つの安心
スマートフォン・タブレット端末でPDFファイルを閲覧する方法はこちらからも確認できます

スポンサードリンク