離婚後 再婚

離婚後の 再婚に向けてどんな恋愛をしているの?

離婚後、何時までもふさぎ込んではいけません。

 

新しい出会いがあるはずですよ。離婚経験を無駄にしないで

 

素敵な恋愛をして、残りの人生を輝かせていきましょう!

 

そう、離婚後の再婚に向けて、!

 

こんな恋をしてきました!

 

29才で「この人を逃したら二度と結婚できない」と思って結婚したが離婚したとたん
モテキに突入しました。
(46歳・主婦・小なし)

 

一目ぼれ。現在もラブラブで8年目に入る。彼には家庭があるので
プラトニックな関係を貫いています。
(65歳・会社員・子あり)

 

私のことも、子供3人も大切に思ってくれる12歳下の彼と出会い、みんなで一緒に
暮らしている。
(46歳・パート・子あり)

 

別れた夫と正反対の人と付き合ったが、後に不倫と分かり、別れた
(50歳・会社員・小なし)

 

今、始まりそうな予感。
(45歳・会社員・子あり)

 

寂しくて飲みに行き知り合った人や、PTA関係で声をかけてくれた人と。
(47歳・パート・子あり)

 

離婚原因になった人と今も付き合っている。
(44歳・会社員・子あり)

 

昔から信頼している、女性の友人たちがいれば十分。
(70歳・パート・子あり)

 

結婚相談所に登録して2年間でお見合い25回。あきらめていたときに
今の夫と巡り合い、3か月後に入籍しました。
(54歳・主婦・子あり)

 

結婚をしなくても、よい相手を選んでお付き合いをしています。
(50歳・会社役員・子あり)

 

 

離婚後の恋愛を調べました!

 

離婚後、恋愛をしましたか?
YES⇒66,7%・離婚当時は40代が69%・50代は44%が恋愛経験者
NO⇒31,5%

 

 

再婚をしましたか?
YES⇒24,9%
NO⇒64,2%
無回答⇒10.9%

 

 

うーん、再婚はどうなんでしょうか?これも縁ですからね。
でも一人じゃ寂しくはないかな?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

離婚する方法の準備

人生はそんなに長くはありません。なので、どうなっても、後悔は少ない方がいいのです。
後悔には2つあります。

それは行動した後悔としなかった後悔です。どちらがその度合いが大きいかは、その人の信条とするところです。
だた、行動してその結果、後悔したとしても、あきらめがつくものです。

行動したからこそ、学びや教訓を得ることができます。それを今後に活かすことも、他の人に助言できたりします。

行動しなかった場合、必ず、「あの時こうすればよかった、。」と大きな後悔に襲われたりします。道は遠のいて、いくばかりか?と錯覚さえ覚えます。さすれば、あなたが今やるべきことは、どいういことですか?

未来へ向けて、ぶれない自分の幸せのイメージを固めることではないですか?いろんな場合を想定して、情報を集めている段階なのでしょうね。

決して焦ることはありませんが、知識を得ることで、その後の展開が違ってくることがあります。

もうあなたは、十分に悩みました。不安に支配される日々にピリオドを打ちませんか?


離婚準備を万全にする!専門マニュアル
@⇒離婚する方法
※サポートはありませんが、自分で離婚するための手順がすべて手に入ります。

A⇒離婚調停なんかせずに、相手が離婚してくれる方法
※著者の桑島 隆二さんは、司法書士として活躍した経験を元に現在はプロの心理カウンセラーでもあります。その方の、1年間のメールサポートはとても心強く、他にはあり得ません。これだけでも費用対効果は抜群です。あなたにとって「とっておき」が示されると思いますよ。

B⇒円満離婚マニュアル
※結婚生活の理想像に、夫婦円満というコトバがあるように、理想的な離婚を象徴する、円満離婚があって然るべきだと思っています。

C⇒今まで達成者達が語らなかった!別居・離婚問題解決マニュアル
※それぞれの事情を抱えた多種多様、様々な相談者様との豊富な経験を基に、各場面での立ち回り方はコンサルタント、渦中でのメンタルな部分はカウンセラー、ルールに関することは行政書士など、相談者様に満足して頂ける結果を勝ち取ってきた実績の集大成となります。

【注目】⇒離婚大全集〜圧倒的有利に離婚する方法(時々つながらない時があるようです。)
※岡野あつこが24年間にわたり、3万件の離婚事例を分析して得た情報、理想の離婚方法を、パターン別にまとめて全て公開します。この離婚ノウハウの核となる部分は、過去に公開された離婚ノウハウには書かれていなかった情報ばかりです。今まで離婚本や、インターネットで情報を探していた人は「私はなんて無駄な情報を集めていたのか」と、愕然とすることでしょう。

初めて情報教材を購入するあなたへ!
インフォトップの7つの安心
スマートフォン・タブレット端末でPDFファイルを閲覧する方法はこちらからも確認できます

スポンサードリンク